風俗のおかげで

そこが勝負所だったからこそなんです

勝負所と言うか、風俗では自分がどこでスパートをかけるのかも大切じゃないですか。そこは言うなれば風俗嬢との呼吸の問題でもあると思うんですよね。呼吸がピッタリだと、こちらのスパートと相手のラストスパートがマッチして快感もより高まりますし、フィニッシュ時の快感もまた、とても高いものになると思うんですよ。だからこそ、勝負所はどこなのかを見逃さないようにしています。上手な風俗嬢って、こっちの呼吸までしっかりと見計らってくれているんです。だからフィニッシュ寸前の勝負所で見するようなことはないんですけど、まだまだ慣れていない風俗嬢だと最初からトップスピードだったり、あるいは勝負どころがよく分かっていなかったりするんですけど、それらを上手く自分なりに察知したり、相手との呼吸を合わせることによって、満足感が高まるってことも分かってきたんですよね。だから風俗では、それらもまた、とっても大切なことなのかなって思っています。

執着心はかなり強いですよ

自分自身、執着心はかなり強い方だと思うんですよ。だから割と一つのことに対していろいろと楽しむタイプなんですよ。風俗もそうです。一度楽しんだからにはとことん楽しみたいんですよ。それに、風俗に関してははっきり言って奥が見えないですよね。どう楽しめばよいのか。その答えは本当に見えてこないと思うんです。だから最近は、風俗を楽しみたいって思ったら、いつも自分なりに研究したり、ホームページでお店の情報を見たりしつつ、楽しむようにしているんですよね。それだけでも実際の所、いろいろな楽しさが待っているような気がするんですよね。むしろそれが出来るのは風俗だけと言っても過言ではないですよ。これだけ男の願望を叶えてくれるというか、男のロマンそのものだなって思えるようなジャンルははっきり言って風俗だけでしょう。だから風俗に関しては執着心ではなく、ただ単に男としての本能ってだけの話なんじゃないのかなって思いますね(笑)